商号の外国での表記

会社設立での商号の外国での表記


グローバル展開を視野に入れて会社設立をする場合、商号を外国で表記したいと考えることもあるのではないでしょうか。何となくで表記していると、ネイティブから見るとおかしなものになってしまうこともありますから、会社設立をするときにはきちんと考えておく必要があります。

海外用いるときに、Co Ltd.やInc.を用いることがあります。この違いはどのようなものなのでしょうか。これらはどちらも有限責任会社で、もしも会社が破綻した場合に、出資者は出資額以上の責任を負わないことを意味しています。Ltdはlimitedの略で、これは責任が有限あることを意味しています。ただ単に株式会社ということをいいたければ、corporationで良いです。

ここでcompanyという言葉との区別も気になるのではないでしょうか。companyは、どちらかというと法人ではない共同事業体を指すことが多く、そのために無限責任であることを意味する場合が多いですが、これに比べるとcorporationは法人だと考えればわかりやすいでしょう。イギリスとアメリカの違いだといわれることもあるようですが、これは正しくはありません。

Inc.についてですが、これはIncorporatedの省略形です。その意味は、「会社設立の手続きを終えた」といことになります。つまり手続きをして法人化したものだということです。ですから、Co. Ltd.が出資者の責任の部分を強調して表現されているのに対して、Incは会社設立の手続きに関して表現されているものだと理解すればわかりやすいでしょう。注目点が異なるだけで、意味するものは法人なのです。

もう一つ注意しておかなければならないのは、イギリスではすべてLtdが必要だということです。イギリスで事業展開をするために現地に会社設立をする場合、何らかの形でLtdを表記しなければなりません。イギリスの場合には法人はすべてlimited、つまり有限責任なのです。plc.とすることもできますが、これはpublic limited companyであるということを考えれば、やはりlimitedであることは表現されているわけです。

このようにして有限責任であることを示さなければならないのは、取引先に対する配慮であるとも考えられます。たとえば債権者は有限責任であるかどうかでリスク管理は異なってきますから、社名に明示しておくことがフェアだとされるのです。日本でも会社設立の際に「株式会社」や「合同会社」などの言葉を商号に入れなければならないのは、これに倣ったものだと考えられます。”