いただいたお祝いのお返し

会社設立時にいただいたお祝いのお返し


会社設立時に取引先や営業先などに挨拶に伺う際に、お祝いをいただくこともあるでしょう。その場合はお返しを渡すことも必要になります。これは結婚祝いや出産祝いなどのお祝いと同じと言えます。こういったことを踏まえて会社設立の挨拶まわりはとても重要な仕事になるとも言えるでしょう。

挨拶まわりの時に手ぶらでまわるよりは、粗品を準備しておいて挨拶の時に渡すということをすれば相手への印象は良くなります。この場合あまりお金をかけないでタオルなどといった実用的なものが粗品として適しています。

会社設立の際に相手からいただくお祝いには、一般的にはお花や酒類といったお祝い品が多いです。お金を包んで渡されることもあります。個人から頂くお祝い金の相場は1万円前後、部署単位になると2万円以上となります。取引先からお祝い金を頂く相場は個人から頂くお祝い金の相場とほぼ同じです。これはあくまでも相場なので会社によっては数十万円から数百万円と高額になるケースもあります。

お祝いの贈り物はごろ合わせや縁起を担ぐものが好まれ、花でも花言葉があり良い意味の言葉に合っている花が贈られることがあります。鉢植えになっているお花は、その地域や業界に根付くという意味が込められているので、喜ばれる贈り物となっています。

こうしたお祝いのお返しは記念品や内祝いなどのギフトの中から選んで贈ることが出来ます。頂いたお祝い金の金額によって相場は異なることもありますが、お返しの予算は5千円から2万円くらいの価格帯のギフトを選ぶと良いでしょう。結婚祝いなどの内祝い用に選ばれているカタログギフトから贈り物を選ぶ方法もあります。

お返しの贈り物を選んだら必ず、お礼状を添えて相手に贈るようにします。予算としては頂いたお祝いの半分の値段になることが理想的です。のしをつけて贈ることも出来、結婚祝いなどの内祝いと同じようにのしを付けて贈ることが出来ます。カタログギフトから贈り物を選んだ場合、メーカーに合わせてラッピングやのしの発注をすることも出来ます。

また贈り物に限らず、会社設立の際のお披露目パーティーを開いて、お世話になっている方々を招待するおもてなしの方法もあります。お店を開業したり会社設立をした場合に関係者や友人、知人、親戚を招いて披露パーティーを催すことは一般的に行われており、その際に参加した人からお祝いを頂くこともあります。パーティー当日に記念品を用意して来場者に渡すことも出来ます。”